イメージ 1

惑星クマリンにて、和やかにスターカラーペンの捜索をしていたところ、
ノットレイダーの幹部たちが現れた。






















イメージ 2

これまでのメンバーが勢ぞろい。テンジョウはペンの捜索をアイワーンに頼む。
カッパードは早くも戦闘態勢になった。






















イメージ 3

ひかる達はとにかくプリキュアに変身する。





















イメージ 4

空間の穴から大量の戦闘員ノットレイが出現。
























イメージ 5

プルンスは、フワとクマリン星人クムを担いで安全なところに避難し、戦いを見守る。





















イメージ 6

重力が地球の二倍である惑星クマリンだが、プリキュアの状態だと影響なく動ける。
余裕の表情なキュアスター。



















イメージ 7

一方のアイワーンは自身が開発したレーダーの反応で大まかなペンの位置を示していたが、
大まかすぎて手こずっていた。





















イメージ 8

範囲、広すぎだっつーの!
レーダーの精度、上げないとダメだっつーの!
改良、必要だっつーの!
























イメージ 9

「あのお方」のおぼし召しでパワーアップしているカッパード。
意気揚々と、キュアスターに斬りかかってくる!
























イメージ 10

そのただならぬ勢いに危険を感じたキュアミルキーが、咄嗟にキュアスターの元に飛び込み、
辛くも攻撃を回避した。




















イメージ 11

いつもと様子が違うことに不安を抱くふたり。























イメージ 12

それはテンジョウも同じく、自らの強化された力をノットレイたちに分け与え、ノットレイも強化。
キュアソレイユとキュアセレーネも苦戦する。























イメージ 13

「フハハハハハ!止まって見えるわ!」

恐るべき速度で斬りかかってくるカッパード。
スター達は寸前でかわすものの、衝撃で周囲の地形が削り取られていった。





















イメージ 14

衝撃波だけでかなりのダメージを負ったプリキュア。
見ると地形や地面がカッパードの攻撃でズタズタだった。
だがカッパードは、こんな過酷な環境の星など無価値だと言い放つ。






















イメージ 15

「消えたところで痛くもかゆくもない」
その言葉に怒ったキュアスターが突進してくる。

「星にはその星の良さがある!」
「厳しい星だけど、厳しいからこそ綺麗なの!!」
そう言って反論するキュアスターだったが、






















イメージ 16

カッパードはその拳を制し、怒りをにじませながら、
「ぬくぬくとした環境で生きるお前が、知ったふうな口を!」
そう言うと片手だけでキュアスターを投げ飛ばした。

「お子ちゃまにはわかんないわよねえ」
テンジョウもそれに続く。



















イメージ 17

その頃アイワーンは、自力でついにプリンセススターカラーペンを見つけていた。
先に取られてしまってショックを受けるプリキュア。






















イメージ 18

そしてペンをダークペンに変えてしまう。
「全宇宙を乗っ取って、あんたらにとって代わるっつーの!」

悪の組織としての恐るべき本性をむき出しにする。























イメージ 19

追い打ちをかけようとノットリガーを生み出そうとするが、バケニャーンに止められる。
カッパードとテンジョウのふたりだけでじゅうぶんだという意味だった。






















イメージ 20

テンジョウの指揮でノットレイを再度出陣。
プリキュアに畳みかけるための指示を出す。





















イメージ 21

キュアスターはおうし座・スター・パンチで逆転を試みようとするが、
技を出す直前でカッパードにペンを握られ、力を抑え込まれる。





















イメージ 22

「さあ!そいつを奪わせてもらおうか!!」

さらなる力を出すカッパードはペンを奪う。























イメージ 23

空中に飛び上がったノットレイは全員パワーアップした銃撃でプリキュアに総攻撃。




















イメージ 50

そして一撃で決めると称し、カッパードは渾身の斬撃を放つ。



















イメージ 49

ダメージが深いプリキュアは、よけることもできずに直撃をくらう。






















イメージ 24

地球はなかなかの環境だからな。悪いようにはしない。
と、とどめをさすことまではしないカッパード。
だが、残りのペンだけは奪う気でいた。




















イメージ 25

力尽きたキュアスターは変身を解除されてしまう。
























イメージ 26

他の3人もl同様に元に戻っていて、絶体絶命の危機。
テンジョウは残りのスターカラーペンを奪うべく取り囲む。























イメージ 27

その時、フワが泣きながら飛び出してきた














イメージ 41

「やめるフワー!」

全員がフワに注目する。
























イメージ 28

ララはテンジョウが隙を見せている内に、AIさんに触覚を使って連絡を取る。





















イメージ 42

フワの元へ近づくカッパード。
ひかるは動くこともできず、ただ見ていることしかできない。

そんな中、空から何かの轟音が聞こえてきた!























イメージ 43

見るとそれはひかる達が乗ってきたロケットだった!
ララからの連絡を受けたAIさんが自動操縦で飛んできたのだ。





















イメージ 29

ロケットを呼んだことに驚くアイワーン。
そして、着地の砂煙が激しく舞い上がり、アイワーンの大きな目にも砂ぼこりが入る。
他の幹部達も砂煙で視界を妨げられていた。























イメージ 30

この隙に乗じてプルンスが息を吸い込んで巨大化。
ひかる達を全員回収し、ロケットに向かってダッシュ!























イメージ 31

大急ぎでひかる達をロケット内に放り込むと、
自身は入り口をふさぎながら息を吐き出し、扉を閉めた。
ロケットは大慌てで飛び立つ。






















イメージ 32

フワは泣きながら必死でワープの穴を開くと、
ロケットはその中に入り込み、地球へと撤退していくのだった。
























イメージ 33

逃げていくプリキュアの姿に呆然とするノットレイダーの幹部達。





















イメージ 34

この機に乗じて地球へ向かい、一気にたたくべきだと主張するカッパード。





















イメージ 35

しかしテンジョウは反対する。
「あのお方」の力は限定的で今は効果が切れてしまったことと、



















イメージ 36

駒ちゃんと称する戦闘員が、この星の重力で疲れきっていて、
もう戦える状態ではないからという理由からだった。

意外に部下思いの上司である。






















イメージ 37

そこでアイワーンが自分にいい考えがあると、何かをやる模様。




















イメージ 38

「まさか、あれを?!」
と、バケニャーンが動揺する。
いったいアイワーンは何をする気なのか。
























イメージ 39

残ったクマリン星人のクムは、
自分達のことよりもプリキュア達の心配をするのだった。
























イメージ 40

地球へと向かう途中。
ララが必死にロケットを立て直しながら操縦。

























イメージ 44

戦いに敗れ、おうし座のスターカラーペンを奪われ、逃げるのがやっと。
落ち込むみんな。






















イメージ 45

ひかるは涙を流し、深く悲しむのだった。





















イメージ 46

ロケットは不安定なまま、着陸しようとしていた。




















イメージ 47

そのロケットの姿をまどかの父・冬貴が今度ははっきりと目撃する。




















イメージ 48

山中に不時着したロケット。
完全に敗北してしまったプリキュア。
はたして、これからどうなるのだろうか。

というところで第11話に続きます。







では、またです。