イメージ 1

1995年公開のスタジオジブリのアニメ映画「耳をすませば」



















イメージ 2

夢に恋に。爽やかな青春が詰まった作品。
今回はエンディングの映像を細かく振り返ってみようと思います。

ちなみにオープニング映像はこちらからどうぞ。 → 耳をすませば オープニング映像



















イメージ 3

最後の場面から切り替わって、エンディングスタート。
視点はこの方向からの固定で、最後までこのままで様々な人や車が行き交うという構成。
あのラストシーンから夕方までの後日談的なショートストーリーになっているのです。

流れる歌は月島雫役の本名陽子が歌う「カントリー・ロード」日本語訳のモノです。
























イメージ 4

最初に現れたのはトラックでした。











イメージ 5

バイクやら車といったのが次々。

























イメージ 6

イメージ 7

イメージ 9

ま、まだ車が続きます。
こうまで車が色々出てくるのは宮崎駿の趣味かと思われます。
















イメージ 8

ようやく人の姿が見えてきました。
犬のお散歩ですね。

























イメージ 10

そこへサーッと二人乗りの自転車が通っていきます。
月島雫と天川聖司です。 もう一瞬すぎますけど、あの後から帰っていくところですね。






















イメージ 11

イメージ 12

ジョギングする人とか、
















イメージ 13

イメージ 14

登校する人に、


















イメージ 15

出勤する人と、段々と増えてきて、















イメージ 16

イメージ 17

ピークともなればたくさんになります。























イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

この間にもバスなどが通過したりしてます。






















イメージ 21

イメージ 22

少し時間が経過して午後の夕方近くになりました。






















イメージ 23
こ、この猫は?!
ムーンだかムタだか、とにかく自由なネコちゃんです。


イメージ 24

某たいへん有名な運送会社のネコちゃんとの奇跡の競演。(^-^;
























イメージ 25

おまわりさんも通過。























イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

下校時刻なので、画面右からの帰路。
小学生は反対の方角のようですね。

























イメージ 29

雫の友人らも下校。





















イメージ 30

イメージ 31


イメージ 32
その内のひとりの原田夕子だけがこの場に残ります。
陽も暮れてきます。この時間経過もエンディングの特徴です。






















イメージ 33

部活動中の面々が通り過ぎても、誰かを待ってます。























イメージ 34

待ってます。ずっと。
こんなに遅くまで誰を待っているのでしょうか。





















イメージ 35

誰か来ました。夕子にむかって手を振っております。









イメージ 36

野球部の杉村です。夕子の想い人ですね。




















イメージ 37

本編では杉村は雫の前で散ってしまったりと、何かと報われないままだったふたり。













イメージ 38

ここでは何か会話をしています。














イメージ 39

でも、かなりいい雰囲気のようです。
エンディングのサイドストーリーにて夕子と杉村が進展していく様子が見られた点がいいですね。





















イメージ 40

ちなみにこのシーンの追加は、近藤監督による想いが強かったとのことだそうです。
本編では雫が中心だったこともあり難しかったので、何とかエンディングでということで。
登場人物それぞれへの愛があるゆえですね。、


























イメージ 41

夕子と杉村が去ったあとも、エンディングは続きます。























イメージ 42

パトカー通過。なんかパトライトが点灯してます。
じ、事件かしら?!Σ(・□・;)



















イメージ 43

イメージ 44
バイクが一瞬で通り過ぎます。
見逃してしまうほど速く。

























イメージ 45

イメージ 46

すっかりと夕やけさん。
それぞれ家路へ。























イメージ 47

最後は買い物帰りなおばさんで締め。























イメージ 48

ラストカットは監督の名前表記で幕です。






















イメージ 49

というわけで、エンディングを振り返ってきました。
割と事細かく描写されているので、じっくりとゆっくりと視聴してみるのもいいかもしれません。


夢を追いかけ、恋をして、そうして少しずつ大人へと成長していくあの頃の時代。
どんな人生になっていくかまだ見えずとも、磨き始めた原石のように輝いていくことでしょう。
その美しい輝きはいつまでも不変なのです。





















イメージ 50

では、またです。