イメージ 1

機動戦士ガンダムに登場した、ジオン公国軍の戦闘機「ドップ」のご紹介です。








イメージ 2

主に地球上での大気圏内で運用する地上進撃戦闘機。
単座操縦で、編隊を組んでの攻撃がメイン。














イメージ 9

長距離飛行はほとんど行なわず、攻撃空母「ガウ」などに運搬されて出撃というパターンが多いです。














イメージ 10

イメージ 11

武装は左右に配備された、6連装ミサイルランチャーと、


イメージ 12

バルカン攻撃。







イメージ 13

ただ、どちらの攻撃もどうも同じ箇所から発射されています。 どんな仕組みなんでしょうね?(^_^;)



















イメージ 14

劇中では一度だけ、ガルマ・ザビが登場した隊長機が登場。

イメージ 3

隊長機は茶色に塗られて他と区別。一般のドップと性能に違いはないようです。
















イメージ 4

イメージ 5

鬼神のごとき強さで、次々とドップを撃墜していく化け物ガンダムに対し、果敢に挑んでくるガルマでしたが…、







イメージ 6

やられました。><

















イメージ 7

しかし、撃破には至らず、何とか生還を果たしております。w(゜o゜)w
ドップの揚力に頼らない独特な飛行システムのおかげで、こんな状態でも操縦できるのですね。(・`ω・´)















イメージ 8

もっぱらドップはやられ役専門で、あまり良い戦果を上げられませんでしたが(/_;)、
ガンダムの前半ストーリーを戦力面で盛り上げた立役者のひとりだったのであります。


…プラモデルで出ないかしら?マゼラアタックとセットで。(´・ω・)






では、またです。