一番最初のファミコン版「ゼルダの伝説」が登場してから、今年で25年経過しました。w(゜o゜)w

イメージ 1

アクオメンタスさんと戦うリンク。懐かしいですね。o(^-^)o



剣とアクションと、アドベンチャーな謎解きが醍醐味だったゼルダシリーズも、
数多くの続編が出てきて25年。

任天堂はこれを記念して、DSiウェアにて、特別バージョンを配信いたしましたっっっ!!!(^O^)/












イメージ 2

それが「ゼルダの伝説4つの剣 25周年記念エディション」でありますっっ!!

なんとこちら、期間限定ですが無料で手に入りますっっっ!!!Σ(・ω・ノ)ノ
なのでDSiやDSiウェアLLを持っている人は、この機会にぜひぜひ、ダウンロードを!!!(≧ω≦)/















イメージ 11

聖剣「フォーソード」の封印をときに来たら、邪悪な存在の封印が解けていて、
ゼルダ姫がさらわれてしまいます。><
このままでは邪悪な敵の花嫁になってしまう!!!それを阻止するためにリンクが立ち上がると!








イメージ 12

さて、こちらのゲーム。実はゲームボーイアドバンスで発売された「4つのつるぎ」の移植作です。






イメージ 13

元々は多人数用に作られたモノで、アドバンスでは通信ケーブルを接続してのプレイでしたが、
DSiならワイヤレスでのプレイが可能となっております。非常にすばらしいことですね。
さらに、1人でもちゃんと遊べるようになっています。(^-^)















イメージ 14

「ひとりでためす」をプレイ。始まりのほこらで、ゲームの基本操作やテクニック、アイテムを学びます。















イメージ 15

一人用ですが、基本は複数プレイなので、アシストのパートナーもいっしょです。
交代で操作したり、ふたりで同時に行う必要がある時は、コンピュータがパートナーを操作するので、
安心であります♪















イメージ 16

元々がスーパーファミコン版「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」のシステムであるため、
あちらでの操作方法がメインです。なにかを押したりとか引っ張ったりとか、かついだりとか。

イメージ 17

剣を振ったり、盾を構えたり。と。…あ、盾を構えるという動作は、
ゲームボーイ版「夢をみる島」からの操作でしたね。
















イメージ 18

操作の切り替えはLRボタン。集合させるためにはXボタンです。笛を吹いて整列します(笑)
















イメージ 3

回転斬り☆ とてもかっこいいですね♪ 草だって刈れますよ!









イメージ 4二人強力の場面は随所に出てきます。
たとえば、このスイッチ。
二人同時に踏まないと作動しません。
剣を高々と掲げてもダメです(笑)

ここはパートナーを呼びましょう~。




















イメージ 5ひとりでだめなら、
ふたりで!

おお!目の前の壁に穴が開きました!!!(≧▽≦)/
これで先へと進めます。





























イメージ 6こちらは二人じゃないと押せないブロック。
ふたりで力を合わせて押すのです!




















イメージ 7うううう~ん!!!

顔を真っ赤にして押し続けて、活路を見い出す!



このような感じで一致団結なのであります。(・`ω・´)ノ





























イメージ 8尚、壺や岩だけでなく、
パートナーもこのように持ち上げられます。(・ω・)



この谷の向こうにスイッチがあるのですが、
まわりに壺に岩に草に、もうとにかくな~んにもない!
て時の最終手段です。(;・`ω・´)


















イメージ 9そう、パートナーを向こうに投げるのです!!!
どぉりゃあ~っっっ!!!


スイッチが押され、道ができました!(^O^)/
協力。とてもいいことですね☆























ブーメランや爆弾など、お馴染みのアイテムもじゃんじゃか出てきます。
これでゼルダの伝説ならではのアクションを楽しみながら敵と戦いつつ、謎を解きまするのであります!

無料なので、損はぜーったいにないはず!!!(;≧ω≦)/

ちなみに配信期間は来年の2月までだそうです。注意してくださいね。





イメージ 10

そういえば、スイスイと泳ぐこともできます。  「おさかなになった、わ・た・し~♪」(^_^;)



では、またです。