イメージ 1

1990年2月2日にファミコンで発売されたアクションシューティングゲーム「スーパー魂斗羅(コントラ)」です。



イメージ 2

前作「魂斗羅」の続編。アーケードからの移植作です。
発売時期が前作同様、ドラクエ最新作の直前という無謀ぶりです。(^_^;)
前作はドラクエ3の直前で今回はドラクエ4の直前。

コナミさんは冒険が好きですね。(^_^;)












イメージ 13

今作も2人同時プレイが可能なアクションゲーム。
派手にヘリコプターからの登場です!

イメージ 23

ひゅ~。

イメージ 28

スタッ!

無事、降り立ちました!(^O^)/














イメージ 29魂斗羅はあちこちに攻撃できるのが特徴です。
上に構えて撃ったり、






















イメージ 30しゃがみながら撃てたり、





















イメージ 31斜め上に構え、走りながら撃つとか!(・`ω・´)

























イメージ 32さらには、回転ジャンプしながらだと、
8方向、どこにでも撃てる多才っぷり!(≧▽≦)/










































イメージ 33

随所にパワーアップカプセルがフワフワ飛んで来たり、設置されたりしてるので、
そこから銃をパワーアップすることもできます。画面の「M」は、マシンガンを意味しています。

















イメージ 3

今回もステージは起伏にとんでおり、坂の上をのぼったりして展開。

イメージ 4

そういえば、坂の上限定のアクションが! なんと片膝をつきながら撃てるんです!!w(゜o゜)w
あまり意味はないのですが、まあその、かっこいいということで(笑)




















イメージ 5今作で初登場の武器の「ファイヤーガン」。
何かに当たると、さらに炎が拡散して広範囲にダメージ。
という武器。






















イメージ 6ファイヤーガンはため撃ちもでき、貫通弾にもなります。
そして、ため撃ちしたのが何かに当たると、
さらに拡散も大きく広がるものに!!



花火みたいで、綺麗ですね。(^-^)

































イメージ 7

ステージ1のボスです。なんと、巨大なヘリコプターです!
これほどの大きさの物体が、所狭しとばかりに動きまくるのでありますっっっ!!!Σ(・ω・ノ)ノ


…ちなみに、最初これを見た時、なぜ冒頭に出てきた味方のヘリが襲ってくるのだ?!…なんて思ったことは、
ミンナニハ ナイショダヨ。(・ω・)











イメージ 8

見事、破壊すれば次のステージへ!(≧▽≦)/ こんな感じで進めて行きます。















イメージ 9

通常はサイドビューなのですが、ステージ2と6だけトップビューになります。









イメージ 10

サイドビューと違って、けっこう遅く移動するので、注意です!(・`д・´)














イメージ 11ジャングルステージ。
ここは、広大な沼地があります。

この沼地のみでできるアクションがあって・・・。



敵の弾が迫ってきても!!!











イメージ 12しゃがんで水中に潜ることで回避ができるのです!!!
つまり無敵になるんですね☆
潜っている間はへっちゃらです。(^-^)



息はどうやってしてるんですか?
などと疑問に思っちゃいけません!(^_^;)























イメージ 14そういえばこのステージのみ、中ボスがいた!
ガシャンガシャン!と、カニみたい歩いてきます。













イメージ 15尚、頭の上だけ安全地帯です。
乗っても平気♪


これをスーパーマリオ的安全地帯といいます。(うそ)




























イメージ 16

右方向へ進むのが基本ですが、上へ下へと、縦横無尽に移動するステージ。
一気に下へ飛び降りるところもあったりして、ちょっとしたスカイダイビングを味わえたりして♪



















イメージ 17

さて、コナミのゲームではおなじみの、サイバーでグチャグチャな敵が後半に目白押しです。

イメージ 18

そして主人公は臆面もなく、グチャグチャなステージへ突き進むのであります!
勇者ですね~。(^-^)













イメージ 19

「天王鬼ギャバ」。アーケード版では最後の敵なのですが、ファミコン版は、この先があるのです!














イメージ 20

コナミのファミコン移植は、見事なアレンジを施し、さらに昇華してしまうのですね。
というわけで、ここがファミコンの最終ステージ。

イメージ 21

うむ。見事にきもちわるいですね。(^_^;) がんばってエイリアンを駆逐しまくりましょう~!(^O^)/













イメージ 22

さあ、現れました!こちらがファミコン版の最後の敵「陰獣キムコウ」です!!!o(><)o
美形の顔が真ん中に。あとはもうなんといったらいいのやら。(^_^;)











イメージ 24

この最後の戦いを制すれば、クリアなのです!がんばれ、魂斗羅!!!











イメージ 25

倒しました!!!(≧▽≦)/ 主人公がなぜ空中に浮いている姿なのかは、秘密です!!!(笑)




というわけで、連射命な側面がありますが、良好なアクションゲームとして楽しむことができる傑作です。
今ならバーチャルコンソールでも遊べる一品。どんどん破壊しまくりながら遊びましょう~♪♪♪
















オマケ

イメージ 26

今作にもサウンドモードがあります。前作同様、タイトル画面でABボタン押しながらスタートを押すだけ。
コナミは独特の優れた音楽を奏でますので、もう聴きごたえバッチリなんでございます♪







イメージ 27

では、またです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック