今回の東宝特撮映画DVDコレクションは、1973年(昭和48年)公開の映画「ゴジラ対メガロ」です。

イメージ 1

昭和ゴジラの末期に制作。円谷英二が死去して以降は、特撮への締め付けは強固になり、
徹底した低予算での制作を強いられてきた状況でありました。
なので、今作も過去映像の使い回し。セットも大幅には組めず、決戦の地も何もない荒野。
キャストがほとんど新人でヒロインすらいないという、それは苦しい環境でありました。

イメージ 2

こちらも東宝チャンピオンまつりの一環として上映。
同時上映は、日本テレビ系列で放送していた村野武範主演のドラマ「飛び出せ!青春」の映画版と、
アニメの「パンダコパンダ 雨降りサーカスの巻」。

「パンダコパンダ」の方は、宮崎駿や高畑勲など、後のスタジオジブリのメンバーによる制作であります。
トトロのプロトタイプみたいなものですね。o(^-^)o













イメージ 13

ゴジラ対メガロ。新怪獣としてメガロが登場します。








イメージ 20

人類の地下核実験を行なったことで、海底王国のシートピア人が怒り、地上の人類に復讐するというはなし。












イメージ 21

海底のシートピア人、彼らは度重なる核実験に危機を感じ、守護神である昆虫怪獣「メガロ」を差し向ける。















イメージ 22

昆虫怪獣の「メガロ」。カブトムシのような外見。両手がドリル。口からナパーム弾を発射する戦闘獣です。

イメージ 23

さらに彼らは、Mハンター星雲からサイボーグ怪獣「ガイガン」をも呼び寄せます。


















イメージ 24

主人公サイドは、青年科学者の伊吹が開発したロボット「ジェットジャガー」が登場。
インパクト大な顔ですが、良心回路が内蔵されており、平和的な役割を果たします。











イメージ 25

さて、低予算制作の今作ですが、このダムを破壊するシーンにはものすごくお金をかけています。
一点豪華主義!と称して、全体的に削るよりも一か所だけ見栄えのあるシーンにしようと思ったそうです。

















イメージ 26

怪獣王ゴジラ。今回も怪獣島を住処に正義のヒーロー怪獣として登場します。




イメージ 3

正義のヒーローに目覚めたジェットジャガーが、メガロを倒すためゴジラに協力を要請。(・`ω・´)


イメージ 4

ゴジラは快諾したので、さっそうと空を飛び去るジェットジャガー。まるでウルトラマンのよう。(^_^;)

イメージ 5

おお!ゴジラさんも空を飛ぶのか?!w(;゜o゜)w

イメージ 6

い、いえ、海に飛び込みました!(^_^;)

イメージ 7

どうやら泳いで向かうようです。  ・・・間に合うのかな??(^_^;)
























イメージ 8

いち早く到達したジェットジャガーはメガロと対峙する!一進一退の攻防!!
そして、ゴジラはっっっ!!!



イメージ 9

・・・まだ泳いでいた。(゜o゜;)   こ、このまま、泳いでいるだけで出番が終了してしまうのか?!(>_<)















イメージ 10

そうこうしている内に、ガイガンが合流。2対1で形勢が不利になるジェットジャガー!><














イメージ 11

だが、そこへゴジラが勇ましく登場!(^O^)/ …ふう、何とか間にあったわい。(^_^;)














イメージ 12

メガロとガイガンの悪コンビ。

イメージ 14

ゴジラとジェットジャガーの正義コンビ。

ここにタッグマッチが開始されるのだった!!












イメージ 15

果たして、勝者はどちらに?!

イメージ 16

灼熱の中で決着はつくのだろうか?!
















イメージ 17

ちなみに劇中、ジェットジャガーは理由もなくいきなり巨大化します。(^_^;)
奇跡ということで!!(≧ω≦)/














オマケ

イメージ 18

宣材用のスチール写真。実際に4体仲良く並んで。なんてシーンはないですが、
なかなかいい雰囲気ですね。o(^-^)o









苦しい状況下での制作で、ややコミカル調に作られた今作。
何気に反核メッセージも込められていますが、4大怪獣のバトルを楽しむのも吉でございます。(^-^)

あ、ジェットジャガーはロボットでしたね。(・ω・)











イメージ 19

では、またです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック