今回の東宝特撮映画DVDコレクションは、1960年(昭和35年)4月10日公開の映画「電送人間」です。
 
イメージ 1
 
「美女と液体人間」に続く、いわゆる変身人間シリーズの2作目。
前作を上回るサイコスリラー映画となっております。なので、少し刺激的な画像が出てくるので注意です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
姿なき犯人による不可解な殺人事件から、幕は上がる。
 
 
イメージ 8
 
正確には姿は一瞬だけ現れ、すぐに消えていったのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
突き刺さった銃剣。それは犯人が意図的に残した凶器だった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
主人公の事件記者「桐岡」。演じるのは東映へ移籍する前の鶴田浩二。
事件に興味をもった桐岡は、この犯人の謎を追う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
桐岡は、小林警部と共に犯人を捕らえようとするものの、
 
 
イメージ 12
 
現れた犯人は、電気そのものの姿だった。彼は電送人間として出現し瞬間的に移動。
確固たるアリバイを作った上に完全犯罪を成し遂げていたのだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
そして第二の殺人を成し遂げる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
桐岡は残された遺留品から物質転送の権威である仁木博士の存在をつかみ、その手がかりを得る。
仁木博士には終戦時、博士の護衛をつとめていた「須藤」という兵長がいたのだ。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
第三の殺人も行われ、その被害者の共通点から、旧・日本軍がらみの出来事が関与していた。
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
終戦時、一連の被害者達は須藤を謀殺しようとしていた。しかし、須藤は生き延びたのだ。
須藤兵長こそが電送人間の正体であり、連続殺人犯だったのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
仁木博士の生み出した電送装置を使い、須藤は次々と犯罪を重ねる。復讐を完遂させるため!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
留まることを知らない殺人鬼。その凶行は果てしなく続く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
桐岡達は、須藤兵長の復讐劇を食い止めることができるのか?!
そして、電送人間「須藤」の結末とは!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
というわけで、SFミステリーな内容の特撮映画です。
 
イメージ 16
 
特撮部分は、電送装置と貨物列車爆破シーンや火山の噴火ぐらいしかないですが、存分に迫力あるものです。
 
イメージ 17
 
ちなみに電送人間が行動してる時の効果音は、後のバルタン星人、
電送中の効果音はウルトラマンのスペシウム光線に流用されていきます。
 
そういえば「マタンゴ」って映画での笑い声もバルタン星人に流用されてました。
そういった細かい部分も楽しむのもおもしろいでしょうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
では、またです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック