今回の東宝特撮DVDコレクションは、1961年(昭和36年)公開の映画「世界大戦争」です。

イメージ 1

今作は、一応特撮映画ですが、社会性が非常に強い反戦反核を掲げた映画です。
当時の米ソの東西冷戦、そして核戦争の危機、にわかに起きつつあった第三次世界大戦の危機を、
強力なメッセージ性をもって、描いています。




イメージ 2ちなみにこの作品は、制作にこぎつけるまで、大変な苦難を歩んでいます。
一度は「第三次世界大戦 東京最後の日」として開始したのですが、
途中で制作中止になり、あわやお蔵入りしかけたのであります。


何とか、完成にこぎつけたのが、「世界大戦争」なのです。


























イメージ 3そして、こちらは、当時のスポンサータイアップによる、
宣伝ポスター。
懸賞でワンワンがプレゼントだそうです!

当時はすごい時代だったんですね。
















さて、本題です。





イメージ 4



イメージ 15

終戦から16年。日本は戦後の復興からたくましく生き抜き、ささやかな幸せを築き上げていた。
娘の結婚をひかえ、今よりも少しだけ裕福な生活を望む運転手・田村もそのひとりだった。






イメージ 26

だが、そうした人々をよそに世界の東西2大大国は、軍事的緊張が高まりつつあった。
核兵器が使用される未曽有の危機が、世界と人類に迫りつつあった。















イメージ 35

主演はフランキー堺。記者クラブを行き来する運転手・田村茂吉の役です。
妻役は乙羽信子。その横にいる子供たちは次女と長男。

イメージ 36

そして、田村の長女・冴子役の星由里子と、交際相手の船員・高野役の宝田明。
高野は、近々、遠洋に出るため、遠くからの連絡手段として、モールス信号を冴子に教えます。
これで電話のように会話をしようと。


この映画は、こうした一般人の視点を重点として戦争の理不尽さを描いています。














イメージ 37

世界は連邦国と同盟国の2つに分かれているという情勢。
同盟国陣営内で軍事演習を行なっていたところ、連邦国の潜水艦が侵入するという事態が発生。
互いに核兵器を所持している中で、一気に緊張が高まる。









イメージ 38

日本政府は、唯一の被ばく国ということもあり、終始、武力回避を世界に訴えます。
最悪、衝突したとしても、核の使用だけは避けてほしいと。












イメージ 39

配備されている核ミサイル。静かでありながら、無言の恐怖をかもし出します。



イメージ 40

このボタンを押せば、核は発射される。それだけは絶対に避けたいと願い、
各国の人々は、ボタンを押すという最悪なことだけは何とか阻止していきます。
誰だって滅びたくないですからね。












イメージ 5

しかし、朝鮮半島の38度線で恐れていた武力衝突が発生する。

イメージ 6

さらに小型ながら、核が実戦に使われてしまったのだ。



日本政府の尽力や、各国の核発射阻止というギリギリの努力もあり、
朝鮮半島での衝突は収めることには成功した。











イメージ 7

だが、北極海に眠る核兵器基地のそばで、新たな軍事衝突が発生してしまう。












イメージ 8

戦闘機同志の激しい戦闘は、もう核戦争突入へのカウントダウンへと入ってしまう。

イメージ 9

すべての想いはむなしく水泡と帰し、第三次世界大戦の幕開けが近づきつつあった。
すなわち、核戦争に陥ることを意味していた。










イメージ 10

開戦は確実との報道。平和だった日常は、こうして打ち砕かれていった。






イメージ 11



イメージ 12

人々は、我先へと大都市から離れて避難する。とにかく逃げるしかなかった。













イメージ 13

だが、田村茂吉の一家は、逃げることはしなかった。ここで、この家で家族と共に迎えることに決めたのだ。
そして、「最後の晩餐」を思う存分に味わうのだった。













イメージ 14

高野は、太平洋上から、東京にいる冴子にモールス信号で、メッセージを送る。

イメージ 16

「サエコ サエコ」



「コウフク ダッタネ」


イメージ 17

冴子も覚えたてのモールス信号で、高野へ最後の通信をするのだった。




「タカノサン アリガトウ」
















イメージ 18

田村は夕陽に向かって、叫ぶ。これからいくつも予定していた人生を。
母に豪華な別荘を。長女の盛大な結婚式を。次女にスチュワーデスの夢を。
まだ幼い長男には大学進学の夢を。…自分には無理だった大学を!



その全てを、理不尽な戦争が奪っていくのだ。…田村は怒り、泣き叫ぶ。










イメージ 19

田村家は、静かに家族だけの時間を過ごしていった・・・。

















イメージ 20

ついに、世界破滅への序章、核ミサイルが放たれていった。

イメージ 21

無数の核弾道が世界各地に着弾するために飛び立つ。…すべてを滅ぼすために。










イメージ 22

そのひとつが東京へ迫る。

イメージ 23

核は上空で炸裂し、

イメージ 24

一瞬で、すべてを破壊した。




















イメージ 25

いくつもの核が着弾し、万物を焼きつくし、滅ぼしていく。


イメージ 27

さらに放射能が、あらゆる生物を確実に死に追いやっていった。













イメージ 28

パリもロンドンもニューヨークも。

イメージ 29

イメージ 30

すべては無に帰していった。














イメージ 31

イメージ 32

ドロドロに溶け行く国会議事堂。こうして人類も世界も、一部以外、滅亡していくのだった。





一部・・・。
太平洋上にいた、高野たちが乗る船だけが、唯一生き残っていた。









イメージ 33

「笠 智衆(りゅう ちしゅう)」演じる、料理長役は絞り出すようにつぶやいた。



「人間は素晴らしいモノなんだがなあ…。みんな、いなくなってしまうんですか…。この地球上から…。」














イメージ 34

焦土と化した日本。無常さを表しています。戦争に突入したがために滅亡したという恐ろしい結末で、
この映画は、おしまいです。



というわけで、かなり異色かつ、反戦・反核への強いメッセージが込められた作品だったと思います。
戦争の犠牲はいつでも弱い立場の人々であり、理不尽に日常生活が壊され失っていく哀しさがあります。
この映画の迫力ある戦闘シーン、とりわけクライマックスの世界が滅びるシーンは、
最高峰の特撮といってもいいくらいでした。
それだけに、その絶望たる情景は、無言で訴えかける強い映像だったと思います。




戦争なんて無い方がいいわけですから、そうした事態にならないように、
フィクションだけで終わらせるように、平和の維持を続けていくことが大切なのだと思います。
誰だって死にたくないですし、幸せに生きていたいですものね。




では、またです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック