今回の東宝特撮映画DVDコレクションは、
2001年(平成13年)公開の「ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃」です。
 
イメージ 1
 
1999年からスタートした、ミレニアムゴジラシリーズの3作目。
第1作目の昭和29年の「ゴジラ」とリンクしながらも、他作品とは無関係のパラレルワールドを展開しています。
 
 
 
 
 
 
原子力潜水艦が特徴的な背びれを持つ巨大な怪獣と遭遇したことで遭難する。
その情報から防衛軍は、かつて50年ほど前に日本を襲ったゴジラの再来を予感する。
一方、日本各地で怪事件が勃発。そこには謎の老人と、護国三聖獣という存在が見え隠れしていた。
 
破壊神ゴジラは、ついに日本に上陸。防衛軍は総力をあげて攻撃するが、
太平洋戦争の犠牲者の残留思念で結集されたゴジラには、一切の火器が通用しなかった。
だが、そのゴジラの前に護国三聖獣が立ち向かう!
 
 
イメージ 2
 
この作品でのゴジラは完全なる悪役。しかも亡霊に近い存在。
対する、護国三聖獣には、キングギドラ、モスラ、バラゴンの3体。
それぞれ、天のキングギドラ、海のモスラ、地のバラゴンという位置づけです。
…バラゴンだけタイトルの冠していないのは、ちょっとかわいそうですね。(^_^;)
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
主演の新山千春さん。私の田舎でもありルーツでもある「青森県」出身の人です。
目が綺麗な美しい人であります。
主役の由里は芯の強い行動的な女性。ということで、監督からの要望で髪を20センチもバッサリ切りました。
ものすごい意気込みようであります!w(゜o゜)w
 
 
 
イメージ 4
 
ちなみに2001年といいますと、アメリカ同時多発テロが発生した年ですね。
すわ、第三次世界大戦か?!と、誰もがその動向の行く末を案じたものであります。
私は当時、ドリームキャストでインターネットをやっておりました。まだパソコンなかったので。(^_^;)
 
 
 
 
 
ゴジラが凶悪そのもの。しかも死んだ者の思念で生まれたという斬新で異質な存在。
そのせいか、この作品のゴジラは終始、目が真っ白の白目です。
 
キングギドラが正義の怪獣というのも、おもしろい意気込みですね。
 
 
 
 
では、またです。