今週の水曜シアター9は、1998年公開のアメリカ映画「エネミー・オブ・アメリカ」です。

イメージ 1

監督はトニー・スコット。主演はウィル・スミス。助演はジーン・ハックマンです。


敏腕弁護士のディーン(ウィル・スミス)は、幸せな家族も得て順風満帆な人生を過ごしていた。
一方、アメリカの議会では、ある対テロ防衛の法案が可決されようとしていた。
その内容は、
全国民を最新鋭機器を用いて24時間体制で監視する。
という内容であった。

強固に反対する議員を障壁とみなした組織は、議員を事故死に見せかけて殺害するが、
その模様を自然写真家が偶然撮影していた。
そのテープの存在に気づいた組織はテープを奪おうとするが、身の危険を感じた写真家は、
友人の弁護士ディーンにテープを託してしまったことから、今度はディーンが家族ごと命を狙われることになる。


盗聴器に盗撮カメラ、果ては人工衛星と、あらゆるハイテク機器が徹底的にディーンを追い詰めていく中、
情報屋で元工作員のブリル(ジーン・ハックマン)が出現することで、急転していく。
はたして、巨大な陰謀が渦巻く中、2人の運命はいかに!




サスペンスアクションとして、現実にあり得る恐さを描いた大作です。
戸籍も消され、どこに行っても見られ続ける恐怖は、じわじわと来る静かな恐怖と絶望感に浸ります。><

とことん追い込まれていきますが、最後はどうなるのか!もう目を離せないですっっっ☆☆☆(≧ω≦)/

では、またです。