イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

機動戦士Zガンダムに登場した、ティターンズの可変モビルアーマー「ギャプラン」です。

同時期に登場した地球連邦の可変モビルアーマー「アッシマー」が曲線的フォルムなのに対し、
ギャプランは直線的な姿をしてるのが特徴的です。

初登場時は強化人間「ロザミア・バダム」が搭乗し、カミーユのガンダムMk.兇魘貔錣気擦泙靴拭
宇宙に上がってから、最強のオールドタイプ「ヤザン・ゲーブル」が駆り、度々苦しめられました。
しかし、サラ・ザビアロフから知らされた変更機構時の弱点をついた攻撃で、致命傷を与え、
ギャプランを退けることに成功しました。

そんなわけで、劇中での活躍期間は短いですが、
特徴的なムーバブル・シールドバインダーが、いい威圧感たっぷりで、なかなかかっこいいと思います。
このシールドバインダーにビームライフルが内蔵されていて、先端から高速で発射できます。
アッシマーのように高角度からの狙撃もできるわけで、地上戦ではかなりの脅威です。
他にビームサーベルも武装しております。

最後の画像は巨大なブースターを取り付けた状態。
本編では登場していないものなので、多分モビルスーツバリエーションのひとつでしょう。
このとんでもない大きさのブースター装着で、ギャプランは更なる推力を出し、
大気圏層での圧倒的優位に立つことも想定しての装備のようです。

HGUCのギャプランは差し替えなしで変形ができる優れたキットなので、
完成度はすごく高いです。

…メッサーラ出ないかなあ(笑)
では、またです。