イメージ 1

まどかとゆみかによる優勝決定戦が間もなく行われる。
何とかまどかの力になりたいと願うひかるだったが、具体的な案は浮かばない。





















イメージ 2

その時、お願いというワードに反応して、
フワが不思議な力を発動。

トゥインクルブックから何やら出て来た。























イメージ 3

プルンスは知っていた。
これはフォーチュンカプセルメーカーというアイテム。
フォーチュンカプセルとは地球でいうところのおまもりなのだ。























イメージ 4

幼いころのプルンスもよく作っていたそうな。
ちなみにこの可愛いのは幼少時のプルンスです。



























イメージ 5

キラやば~☆ということで早速作ることに。
星のカケラに願いを込めて作るのだ。























イメージ 6

それぞれ願いを込めて…!






















イメージ 7

最後は3人同時に仕上げた。























イメージ 8

ひとり考え事をしていたまどかの元に、ひかる達が昼食に誘う。






















イメージ 9

全部えれなが作ったお弁当の数々。
とんかつやかつおぶしなど、とにかく縁起がいいもので構成。





















イメージ 10

おにぎりおいしいルン♪
みんなおいしくいただいておりますが、





















イメージ 11

まどかは食が進まないでいた。
ゆみかから言われたことが心に引っ掛かっていたためである。























イメージ 12

そこへ、ひかるがフォーチュンカプセルをまどかに差し出す。
優勝祈願の想いを込めて作ったものだよ。と、渡した。























イメージ 13

そして、お揃いとしてみんなの分も作った。
いつでもいっしょだよ☆という友情の証。

そのみんなの気持ちがうれしいまどか。























イメージ 14

その美しき友情を苦々しく見ていたゆみか。
きびすを返す。





















イメージ 15

ひとり、弁当を食べながら、
フン!ともだちなんて!などと憤慨しているゆみか。






















イメージ 16

だが、そのゆみかを「本当はさみしいくせに」と、アイワーンが見透かしてせせら笑う。






















イメージ 17

この素材はいけると判断したアイワーンは、ダークペンでゆみかをノットリガーに変えた。






























イメージ 18

プリンセスの力の反応をキャッチしたひかる達が駆けつけると、
ノットリガーとアイワーンがいた。

























イメージ 19

ノットリガーにされたのは那須ゆみか。
「友だちなんていらない。ひとりが一番強いのよ!」
ゆみかの心の叫びを聞く。






















イメージ 20

ゆみかを助けなければ!

まどか達はプリキュアに変身した。






























イメージ 21

アイワーンが攻撃指示。
ゆみかが素材なので弓矢を武器に襲ってきた。






















イメージ 22

ソレイユとミルキーの連携攻撃が炸裂!





















イメージ 23

キュアスターがたたみかけようとするが、息を吹き返したノットリガーに返り討ちにあう。























イメージ 24

スターを狙って矢を射るが、セレーネが素早く相殺した。
























イメージ 25

ゆみかを解放するよう懇願するが逆にアイワーンは感謝しろなんて言う。
ライバルをノットリガーに変えたのだからと。























イメージ 26

その言葉に怒ったセレーネから、何やら全身に光が包む。






















イメージ 27

その迫力に驚くみなさん。





















イメージ 28

ゆみかは邪魔者などではない。素晴らしい選手である。
そのゆみかと優勝をかけて試合で戦いたいと叫ぶセレーネ。


























イメージ 29

ノットリガーの弓矢攻撃に対し、セレーネは「プリキュア・いて座・セレーネ・アロー」で迎撃。
力押しし、ノットリガーの弓矢を弾き飛ばした。
























イメージ 30

そして、必殺技サザンクロス・ショットにてノットリガーをやっつけ、勝利した。



























イメージ 31

負けたので、素早く撤退なアイワーン。



























イメージ 32

ゆみかは意識を取り戻した。
優勝決定戦がもうじき始まる。





















イメージ 33

そして会場。
まどかの父・冬貴が到着していた。
間に合ったんですね。と安堵するひかる。
























イメージ 34

共に皆中(かいちゅう)だったふたりによる決定戦。
当たりの多い方が優勝である。






















イメージ 35

実力が拮抗しているふたりは、一歩も譲らず、
順調に的に当てていく。






















イメージ 36

一切外さず、皆中だけが並んでいく。
























イメージ 37

弓道は最後に頼れるものは自分の力だけ。
父の教えの通りだ。
でも今は、ひとりじゃない!























イメージ 38

応援してくれるみんながいる。
フォーチュンカプセルで繋がった想いが、まどかの気持ちを鼓舞していた。
























イメージ 39

ゆみかは焦り始めていた。
強くなるためにひとりで戦ってきた。友達なんて必要ないんだと言い聞かせて来た。
しかし、ライバルまどかの友情を目の当たりにして、気持ちが揺らいでいた。
その迷いのまま、ゆみかの一矢が放たれる。























イメージ 40

その結果、痛恨のミス!
ついに的を外してしまったのだ。
































イメージ 41

一方のまどかはまっすぐに向いていた。

みんなの応援を力に、自分を信じて進む。
それがまどかの弓道なのだと。





















イメージ 42

放たれたまどかの一矢は、みんなの応援も乗せてまっすぐに飛ぶ。





















イメージ 43

そして、命中!
この瞬間、まどかの優勝が決まった!

























イメージ 44

「まどかが」
「勝ったルン!」

よろこぶひかる達の横で、なんだかんだ言いながら一緒に祝っている桜子。
























イメージ 45

「まどかさーん!」

元気いっぱいのひかる。こんな時でも不愛想な冬貴。
それぞれににっこりと微笑むまどか。

























イメージ 46

まどかの母。満佳(みつか)だけは知っていた。

冬貴は本当は既に来ていたが姿を現さなかっただけなことを。
自分が早々と駆けつけ応援していると気が緩むかもしれない。
まどかをひとりで戦わせるためにあえてギリギリまで隠れていたのだ。























イメージ 47

つまりは不器用なパパであるのだが、そんなことは杞憂なことだったのは、
まどかの友人を見て理解はしていた。




















イメージ 48

見事、全国一の弓道王となったまどか。






















イメージ 49

これからも良きライバルとして競い合いたいと誓い、
ゆみかとも友情の握手をするまどかであった。





では、またです。