イメージ 1

最終回一歩手前の今回は、いよいよ佳境へと突入します。
ちなみに前回はこちらから →第49話























イメージ 2

ブラックスターからいつものように円盤生物が来ないことに苛立つブラック指令。























イメージ 3

と、そこへゴミ袋みたいな円盤形態でやってきた円盤生物が、ブラック指令の前に登場。
























イメージ 4

自らを宇宙人のブニョだと名乗る変な円盤生物。
明らかに弱そうなのでブラック指令からも煙たがれ「帰れ帰れ」と言われるが、






















イメージ 5

「力は無くても知恵はある。レオをだまして地球の外へ連れてくのさ」
なんてブニョはうそぶく。
「どうやって?」最もな疑問をぶつけるブラック指令。
























イメージ 6

まあ任せてよ。というや否や、くねくねしながら去っていくブニョ。
今までの円盤生物と異なり、かなりひょうきんなふるまい。
























イメージ 7

早速、宇宙人探知のアンテナを使い、あっさりとレオを発見。
トレーニング中のおおとりゲンだった。






















イメージ 8

レオをだますため、病人のふりをして倒れているブニョ。























イメージ 9

だがゲンの方もあっさりと相手が人間じゃないことを見破っていた。























イメージ 10

ばれたか~!っと、バトルになるもブニョはとても弱くボコボコにされる。(^_^;






















イメージ 11

トオルが来たこともあって、ブニョは逃走してしまった。
ゲンにとってもわけがわからないが、ひとまずトレーニング再開。

























イメージ 12

焼却炉に身を隠していたブニョは、ゲンの周囲の人間を利用することを思いつく。


























イメージ 13

美山家。
「ブラックスターは地球じゃなくてレオを狙っているんじゃないかしら」
いずみの何気ない一言。

トオルやあゆみがレオがいないと地球は今頃やられていると擁護するが、
ゲンの心に少しダメージ。





















イメージ 14

そこに咲子へ病院から電話。
病院内が荒らされているという話から咲子は行ってみることにしてみる。




















イメージ 15

ところが病院内に通報してきたはずの医師の姿が無い。



















イメージ 16

倒れている医師を発見し、咲子は介抱しようとするが、


イメージ 17

それは医師に化けたブニョだった。
すべては咲子を人質にとるための策だったのだ。
























イメージ 18

咲子の帰りが遅いことを心配する美山家の前に、突然テレビのスイッチが入った。
そこには拘束された咲子と不気味ににやけるブニョの姿が。






















イメージ 19

今度はラジオのスイッチが入り、ブラック指令の声が。
美山家だけで助けに来い。という明らかな罠だった。























イメージ 20

ゲンだけで向かうがトオル達もやってくる。
危険だからとゲンはみんなを制止し、ひとりで咲子救出に。






















イメージ 21

眠らされている咲子のそばにブニョ。
「レオは人類の味方なんだってな。人がいっぱいなところじゃ変身できないだろう」
病院を選んだのはレオの性質を見抜いての狡猾な罠だった。

うかつに手を出せば咲子の命がない。




















イメージ 22

おとなしく来てもらおうか。と、取り出したのは特殊な宇宙ロープ。
これでゲンは身動きできなくなる。

























イメージ 23

咲子は後から入ってきたトオル達に救われるが、ゲンがブニョに連れ去られるところを目撃。
























イメージ 24

ブラック指令の元へと連行されるゲン。
宇宙ロープで何もできないゲン。




















イメージ 25

ブラック指令は処刑用のサーベルを取り出す。
「これでウルトラマンレオもおしまいだな。なあ!」嬉しそうなブニョ。





















イメージ 26

寸前のところでレオに変身し、サーベルをへし折るレオ。






















イメージ 27

だが宇宙ロープは絶大でそれ以上はどうすることもできなかった。
ブニョはレオを冷凍室へ連れていき、そこで処刑しようと提案。






















イメージ 28

宇宙ロープの影響で気温に対する温度変化も対応できないレオは、
ひたすらブニョに痛めつけられる。
























イメージ 29

ついにはカチコチに凍らされてしまった。
「長い間、ごくろうだったな!」
ブニョに嫌味な形で労われるレオ。
























イメージ 30

百子さんとカオルの写真立てが見える中、
ひとりゲンの心配をしているトオル。

どうか無事でいて。























イメージ 31

そんなトオルの願いも虚しく、のこぎりで切断されていくレオ。
ブニョは人間態から宇宙人態へと姿を変える。























イメージ 32

なすすべなく死を直感したレオは、最後の念をトオルに飛ばす。
丘の墓地で自分を埋葬してほしいと。
そして、地球を愛していたと。























イメージ 33

言われた通りの場所でレオの遺体を発見したトオルは、泣きながらレオを埋めていく。























イメージ 34

レオの死を見届けたブラック指令は、高らかに地球人へ勝利宣言をし、
ブニョに暴れさせる。






















イメージ 35

命令通り、ブニョは破壊活動に勤しむ。
このまま地球は滅んでしまうのか?!
























イメージ 36

避難する人々を横目に、どこにも逃げ場はない。
咲子はゲンの帰りを待つとの強い意志で、あえて家族みんなで家で待つことにした。

























イメージ 37

レオの遺体から流れ落ちる涙。
そこにはウルトラマンキングの姿があった。

ひとりでも必要とする者がいる限り、レオは死ねないのだ。























イメージ 38

そしてキングビームを照射。
なんと、ウルトラマンレオは生き返ったのだ!

























イメージ 39

復活したレオはブニョに挑む。




















イメージ 40

蘇ったレオに喜ぶ美山家。

























イメージ 41

「やややや!これはいったいどうしたことか?!」
ブラック指令もこれにはさすがにびっくり。























イメージ 42

ブニョは口から泥を吐き出し、レオを転ばさせる。
あくまでもずるい戦法。
























イメージ 43

そして口から宇宙ロープを吐き出すとレオの足をつかむ。






















イメージ 44

だが、縛りは不完全だったため、影響は対して受けず、
レオは逆転のシューティングビームを放つ。
























イメージ 45

そしてとどめのレオキック!

























イメージ 46

ブニョは首を切断され、ドロドロに溶けて絶命した。























イメージ 47

かくしてレオは勝利したのである。






















イメージ 48

ふたたび、美山家。
ゲンが会心の笑顔で帰ってきた!
喜んで出迎えるトオル達。
























イメージ 49

戻ってきた平和。
だが、ブラックスターは最後の侵攻を開始していた。
























イメージ 50

最強最後の円盤生物「ブラックエンド」を発進させたのである。



では、またです。