イメージ 1

機動戦士Zガンダムに登場したモビルスーツ「ジ・オ」のご紹介です。















イメージ 6

ジ・オという名前ですが、神学という意味を持つ「theology(セオロジー)」の略語のようです。
THEの部分を「ジ」と読ませ、変化させたのでしょうか。

なんとなく機体からも神々しいモノを感じられたり。

























イメージ 2

本編のラスボスとなる機体で、
やはり最後の敵となる「パプテマス・シロッコ」が自ら設計、搭乗しました。























イメージ 3

初の可変モビルスーツ「メッサーラ」を引っさげて鮮烈に表舞台に出てきたシロッコでしたが、
彼の最終設計したモノは自身の性能を最大限に引き出すための専用機、
重モビルスーツでした。
























イメージ 4

そんなわけでシロッコ専用となっております。


























イメージ 5

超大型な上に鈍重そうな見た目であるがゆえ、遅そうな雰囲気ですが、





















イメージ 8




イメージ 7

機体背部に加速推進用スラスターを設け、
















イメージ 9



イメージ 10

全身には姿勢制御用のスラスターが50基もあるので、
極めて高い運動性能を発揮。

恐ろしいほど素早く動きます。



























イメージ 11

そのような装備関係のため、背面な機体各所はプロペラントタンクとの集合体となっています。































イメージ 12

脚。
すごく太くて短いです。
このジ・オは空間戦闘に特化されたため、地上戦はあまり重要視されてはいないようです。






















イメージ 13

関節も膝部分を省略されていることから、
地表面での接地とランディングギアの役目を果たしている模様。

























イメージ 14


イメージ 15

カメラはモノアイ。
シロッコほどのニュータイプともなれば、さほど重要でもなさそう。

















イメージ 23

イメージ 24

武装はシンプルな部類で、まずは大型のビームライフル。













イメージ 16

高出力での照射も可能でメガランチャー並みの威力を発揮することも。























イメージ 17

ビームソード。
一般のビームサーベルと同等ですが、ジ・オのは長い上に刃の形状を保つことからソード。






















イメージ 18

通常はライフルを主武装としているので、柄の部分はサイドアーマーに収納しています。























イメージ 19

そして最後は「隠し腕」
なんと腰にあるフロントスカート内にマニピュレーターによる隠し腕が仕込まれています。
























イメージ 20


イメージ 21

対カミーユ戦で奇襲として使用されました。
隠し腕は二本あるので、その気になれば四刀流も可能ですね。
























イメージ 22

劇中での活躍ですが、最終局面でやっと登場したため、第46話と第49話と第50話にしか登場していません。



























イメージ 25

イメージ 26

対ハマーン戦ではハマーンの駆るキュベレイとの頂上決戦。























イメージ 27

ハマーンのプレッシャーに負けじとシロッコもオーラ全開で挑みますが、
カツの乱入とサラの死によって決着つかずに終わる。

























イメージ 28

そして最終回。
グリプス内でシャアを追い詰めたりと圧倒。



























イメージ 29

紆余曲折あって、全員がグリプス離脱後、
エゥーゴの起死回生になるグリプスからのコロニーレーザー照射!
























イメージ 30

ティターンズ全艦隊が壊滅。自身の敗北が確定したのでジュピトリスに帰還しようとするも、






















イメージ 31

シロッコを必ず倒すべき敵と見定めたカミーユに阻まれます。






















イメージ 32

しかし、カミーユが潜在的に優れた最強になりうるニュータイプだとしても、
この時点ではシロッコの方が格上でレベルがちがう強さでした。
























イメージ 33

実際にも実力差が出ていたわけなのですが、























イメージ 34

カミーユはこれまでの戦争で散っていった幾人もの死者の意志を取り込み、






















イメージ 35

ほぼ無敵の状態に!





















イメージ 36

一撃でジ・オを無力化させ、



















イメージ 37

死者の念をまといながら、ウェイブライダーに変形すると、


















イメージ 38

ジ・オに特攻をかけます。


























イメージ 39

回避しようとするもZガンダムのバイオセンサーとの連動のためか、
ジ・オは制御不能に陥り、






















イメージ 40

直撃!

















イメージ 41

ウェイブライダーの先端部がシロッコの体を貫きました。
もう確実に助かりません。





























イメージ 42

だが死ぬ間際のシロッコは道連れとしてカミーユの心を引きずり込む。
これのためか、はたまたそれまでの戦いの代償か、
カミーユは精神崩壊へ。






























イメージ 43

イメージ 44

そしてジ・オは、シロッコと運命を共にする形で大破しました。





というわけで、ジ・オの紹介でした。
登場回数はわずかであるにも関わらず、シロッコのカリスマ性とシャアを追い詰めた点など、
物語のラストを飾る大迫力な大ボスとして印象に残る存在感でした。


後々のマンモス級モビルスーツの先駆け的存在ともなった機体なので、
シロッコの意志みたいなモノはしっかりと受け継がれていったのでしょうね。

















イメージ 45

では、またです。