イメージ 1

週刊少年サンデー連載中の高橋留美子原作である「境界のRINNE」
それがアニメ化されNHK教育テレビで放送開始。





















イメージ 2

そしてついにDVDが発売となりました♪



















イメージ 15

ということで、本編の映像をチラリと出しながら、軽く紹介しちゃおうと思います!(^O^)/




















イメージ 3

ちなみに第一巻の初回特典は豪華なBOX付!高橋留美子描き下ろしとなっております!































イメージ 4

8巻まで出るので、しっかりきっちり全巻収まるようになっています。

























イメージ 5

さらにはミニクリアファイルなんてのもついていたり。























イメージ 6

DVDジャケットの裏側はキャラ紹介になっていたり。次巻から続々登場なんでしょうね。

























イメージ 7

DVDメニュー。






















イメージ 8

全編再生に加え、チャプターは細かいところから再開可能。
























イメージ 9

映像特典はノンテロップオープニングエンディングです。
すでにタイプ1とか銘打ってありますね。

























イメージ 10

オープニングは最初に真宮桜からお金を受け取るシーンがありますが、
タイプ1は10年玉だったんんですね。タイプ2では50円玉に・・・、という違いだったりします。(^_^;)


















イメージ 11

そして毎回受け損なってドブに落とすのです。悲劇なのです。><






























イメージ 12

エンディングの方は、こちらはコミカルなSDキャラが楽しく出てきます。



























イメージ 13

イメージ 14

エンディングは登場人物が少しずつ増えていくという、だんだん賑やかになっていく方式なのです。

ノンテロップだとじっくりと動きが見られるのがいいですね。





























イメージ 16

物語は死神・・・・みたいな仕事をしている六道りんねと、























イメージ 17

幼少期に体験をきっかけに霊が見える体質となった真宮桜を中心に展開する、
学園&霊界ラブコメであります。


























イメージ 18

幼少期の桜。あの世である輪廻の輪に迷いこむも、りんねの祖母である魂子に救われる。
























イメージ 19

でもそれをきっかけに他の人には見えない霊みたいなモノが見えるように。


























イメージ 20

そんな中、黄泉の羽織を着て霊体化している同じ高校生の六道りんねに出会う。
彼は迷える霊を輪廻へと導く死神業をしていた。























イメージ 21

黄泉の羽織を逆に着せると、霊は実体化するので、おはなしを聴いたり。



























イメージ 22

はたまた悪霊化したのを鎮めたりで、いろいろたいへん。(^_^;)




























イメージ 23

時にはアクションなシーンも!Σ(・ω・ノ)ノ
























イメージ 24

ラブコメといいましたが、肝心の桜さんは何事にも動じない、
至って淡白な女の子なので、感情を読み取るのはなかなか難しかったり?!























イメージ 25

他に、黒猫の六文、


























イメージ 26

りんね君を怨む悪魔の魔狭人に、

























イメージ 27

同じ死神のあげは、























イメージ 28

祓い屋の十文字翼と、
るーみっくワールドなキャラたちもどんどん出てきて盛り上がっていくのであります。



























イメージ 29

死神に勉学に恋に内職に、六道りんねの戦いがはじまります!!!(≧ω≦)/



NHKの放送もDVDも、
良かったらチェックしてみてくださいね☆




















イメージ 30

では、またです。