イメージ 1

7月13日に発売されたHGUCの「Z(ゼータ)プラス」
Zガンダムの流れを汲む優れた後継機のユニコーンバージョンですが、

本日バンダイから成型不良のために回収するとの発表がありました。



























イメージ 4

で、実際に私が購入したモノと照らし合わせて見ます。
ちなみにまだ組み立てていなかったので未開封です。






















イメージ 2

その不良箇所は2箇所。
まずは頭部の左即頭部。バルカンポッドの横に展開するラインが途中で欠けています。



















イメージ 3

こちらがその顔の部分。











イメージ 5

右即頭部は異常なく欠けていません。











イメージ 6

しかし、左即頭部は欠けているのがおわかりになるかと思います。
デジタル拡大して何とかわかるので、肉眼ではパッと見では分からないかも。





















イメージ 7

次は腰部。股のパーツが大きく異なります。
正しくは段差のくぼみがあるのですね。





















イメージ 8

私のも平らになっていました。





















イメージ 9

機動戦士ガンダムユニコーンでのゼータプラス。

















イメージ 10

はっきりとくぼみ部分が視認できます。




















イメージ 12


イメージ 11

しかし、パッケージやマニュアルでは堂々と間違ったモノが掲載されています。
どういった経緯でこのような事態になったのでしょうか。


ともかく、回収に応じる運びとなったので、
詳しくはバンダイホビーサイトにてお問い合わせください。

http://www.bandai.co.jp/support/faq/201407/detail604.html
































イメージ 13

せっかくだから、ゼータプラスの元になったゼータガンダムの雄姿を最後にババーンと出しておきます。







イメージ 14

では、またです。