イメージ 1

機動戦士ガンダムユニコーンに登場するネオジオン残党軍「袖付き」のモビルスーツ、
「ゾゴック」のHGUCであります。


















イメージ 2

元は機動戦士ガンダムの没デザインで、モビルスーツバリエーションとして派生したものです。
他のアッグガイやジュアッグなどと共に軌道線ガンダムZZに登場してたりします。

ちなみにHGUCジュアッグは、過去にレビューしてたりするので、
そちらもご参照くださいませ。m(_ _)m →HGUC「ジュアッグ」













イメージ 11

で、その機動戦士ガンダムZZでは第41話に成金スタンパが所有するモビルスーツの1つとして、
アッグガイやザクタンクなどと一緒に登場します。

















イメージ 18

ただ、初登場が木陰で見づらいという困った事態に。(^_^;)
連続で見てみましょう。





















イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24




















イメージ 3

せっかくの登場シーンなのに何ともかわいそうな扱い。><

しかも!























イメージ 4

ビーチャが駆るZガンダムが変形しながらやって来て・・・、




















イメージ 5

イメージ 6

モノアイを蹴っ飛ばされてむ倒されてしまいました!(/_;)
残念ながらこれでゾゴックの登場シーンは終わりです。

横のアッグガイはかなり活躍したのに、何たる悲劇!





















イメージ 12

さあレビューに戻りましょう。  水中巡航モードであります。
一応水陸両用として作られたので、ズゴックなどに見られる機構があります。























イメージ 13

リアビュー。うしろから。
ユニコーンバージョンでは新たにシュツルム・ファウストを装備しました。



















イメージ 7

モノアイはクリアパーツでカバーされていて、
そのクリアカバーを取り外すことでモノアイの位置を自由に調節できます。


頭頂部の何だかすごいものは、ブーメランカッターという射出武器です。




















イメージ 8

ブーメランカッターは取り外し可能。全部で10基。
ちなみに旧式では腹部にもブーメランカッターがあったそうですが、
ユニコーン版では廃して、排気ダクトに変更したそうです。























イメージ 9

差し替えでアームパンチを再現。





















イメージ 10

シュツルム・ファウストを装備。ガンダム世界ではポピュラーになりつつある武器。
モビルスーツが片手で扱うことができる使い捨ての投擲武器です。
























イメージ 14

ヒートソード。
グフ系モビルスーツが使用していたものをそのまま流用。


















イメージ 15

柄の部分との差し替えで、赤熱化状態を再現。
ちなみに元はクリアパーツと同じ透明だったので、ガンダムカラーのメタレッドをぬりぬりしました☆o(^-^)o





















イメージ 16

恒例の二刀流を無理無理やってみました。ヽ(≧▽≦)/
柄の部分がひとつしかないので片方はテープで手につけてます。(   ´・ω・)

柄をもうひとつぐらいつけてよー(笑)



















イメージ 17

というわけで、ゾゴックでした。

残りのアッグ、アッグガイの登場も待たれるところ!
ジュアッグの時、お星様にお願いしたためか、ゾゴックが発売されたので、
大いに期待したいところでありますっっっ!!!(≧ω≦)/









では、またです。