母の日目前スペシャル♪としてお送りします、ハートキャッチプリキュア!第14話、
「涙の母の日!家族の笑顔守ります!!」のBパートでございます。o(^-^)o

ちなみにAパートはこちらからどうぞです。→Aパート






イメージ 1

母の日を迎えた日曜日。父は休日出勤し、志久(しく)ななみは妹のるみと遊ぼうと声をかけるが、
















イメージ 2

昨日のことを引きずったままのるみは家を飛び出してしまう。



















イメージ 13

あわてて追いかけ、るみを捕まえるものの、












イメージ 24

るみは払いのけたはずみで、ななみの頬をぶってしまう。


















イメージ 35

そしてるみは「お姉ちゃんなんか大嫌い!」と感情を爆発させてしまう。



















イメージ 46

ななみもついに激情して、「るみなんか知らない!」と、喧嘩別れしてしまった。
今は亡き母親を求めるるみだが、母親代わりに接してきたななみはそれ以上につらい気持ちを抱えていた。
















イメージ 47

遠くからるみの泣き声が聞こえる。 ななみはそれを振り切るように、
「笑顔が一番。一番…なんだから」と、いつもの口癖を言うが、
ふと、なぜ笑顔が一番なのか疑問をもつ。

自分はいつからそんな風に言うようになったのだろう。と。



















イメージ 48

と、そこへ砂漠の使徒の大幹部「サソリーナ」が現れた。
大幹部は心が弱った人間をデザトリアンにすることができるのだ。



















イメージ 49

ななみの心の花は弱っていた。しかもそれを覆い隠すように強固な檻に閉じ込めていたのである。
しかしサソリーナはそれを打ち破り、ななみの心はデザトリアンへ!



















イメージ 50

姉を探しに来た妹のるみは、ななみがデザトリアンに変わってしまう一部始終を目撃する。




















イメージ 3

つぼみとえりかが偶然通りかかり、


イメージ 4

ななみがデザトリアンになってしまったことを知る。
ななみを元に戻すため、プリキュアに変身せねば!




















イメージ 5

コブラージャのせいでイライラマックスなサソリーナ。とにかくプリキュアでウサ晴らしだそうだ。(^_^;)
もちろんプリキュアのふたりにはさっぱり意味不明だが、とにかく戦闘開始である。



















イメージ 6

るみは、シプレとコフレの妖精ふたりが安全なところへ導いて避難。
妖精のことはみんなにはナイショの秘密だが、幼女は別なのだ。(・`ω・´)

心配するるみにプリキュアが助けてくれるです!と励ます。




















イメージ 7

戦闘中、「笑顔が一番」と、ななみがいつも口にしている言葉を言うデザトリアン。
デザトリアンは元の人間の心の声を口に出すのだ。




















イメージ 8

「しっかり者なんかじゃないよ。私だって泣きたい時もある。」
「私だって、お母さんがいなくて寂しい!」














イメージ 9

「私はまだ中学生だよ。お母さんの代わりなんてむずかしいよぉ!!」

次々と吐露していく姉の本当の気持ちを知ったるみは、
自分だけじゃなく姉もずっとつらかったことを知る。























イメージ 10

ポリバケツのフタブーメランにスナッキー型人間爆弾という超強力攻撃に吹き飛ばされるプリキュア。

















イメージ 11

「私だってもっと遊びたい!みんなといっしょに、部活動…したいんだから~!!!」





















イメージ 12

巨大モップがキュアブロッサムに振り下ろされた!




















イメージ 14

だが、ブロッサムは受け止めた!


















イメージ 15

「遊びたいなら遊べばいいのに。そんなこともできないんあんて弱い人間ね~。」と、
相変わらず小ばかにするサソリーナ。




















イメージ 16

志久さんは弱くなんてありません!誰かのためにがんばれる。つらい時も笑顔になれる。
とっても強い人です!

と、反論するブロッサム。

笑顔と聞いて、ただヘラヘラしてるだけの弱虫じゃないなどと、せせら笑うサソリーナ。














イメージ 17

笑顔を大切にする、優しい心を利用するなんて、許せません!
わたし、堪忍袋の緒が切れました!!!





キュアブロッサムの怒り炸裂です!


















イメージ 18

ブロッサムに追い討ちをかけるように襲い掛かってくるスナッキー軍団。
そこへ大復活したキュアマリンがマリンインパクトを放ち、蹴散らしていく!(≧▽≦)/




















イメージ 19

そしてブロッサムは「プリキュア・ピンクフォルテウェーブ」でデザトリアンを浄化していくのであった!




















イメージ 20

大敗北して余計にストレスを抱えたサソリーナは去っていくのでありました(笑) 良かったのう。o(^-^)o



















イメージ 21

あとはななみの心を注いで元に戻すだけである。



















イメージ 22

元に戻ったななみは、まだ眠りについていた。


ななみは夢をみていた。

















イメージ 23

それはななみがまだ園児だった、幼い頃のことだった。
泣きじゃくるななみに母が「どうしたの?」と、やって来る。



















イメージ 25

ななみの膝上にカーネーションがあるのを発見した母が「保育園で作ったの?」と問いかける。















イメージ 26

「見ちゃダメ!」とあわてて隠すななみ。
上手に出来なかったので母の日プレゼントができないと思い、泣いていたのだ。


















イメージ 27

そんなななみの頬を伝う涙を、そっと優しく指で拭う母。
そして、お母さんが一番嬉しいことが何かわかる?と問いかける。





















イメージ 28

「それはね、家族みんなの笑顔。何よりも、笑顔が一番よ。」

























イメージ 29

夢からさめたななみ。
「そっか。お母さんの言葉だったんだ。」
忘れていた記憶がよみがえった。「笑顔が一番」は、母から受け継いだ言葉だったのだ。















イメージ 30

そばに寄り添って泣いていたるみ。ななみの心情を知ったるみは、自分が困らせていたことを詫びていた。
そんなるみは母親を知りたかっただけなのだと理解したななみ。
















イメージ 31

今まで母に触れないようにしながら母親代わりとしてるみに接していたのは、
死んだ母のことを思い出すとつらくなることから忘れようとしていたのだ。

その気持ちが晴れた今、遺影の母の顔がはっきりと現れた。























イメージ 32

まだ泣いているるみ。ななみは涙をこらえながら「泣いてると、お母さんが悲しむよ」と、優しく語りかける。


「お母さんが一番うれしいのは家族の笑顔。笑顔が一番なんだって」



























イメージ 34

お父さんと、わたしと、るみの笑顔





















イメージ 33

るみが泣いてるとみんなが悲しくなっちゃうよ。と、かつて母がそうしたように、
るみの頬に伝う涙を指で優しく拭うななみ。




























イメージ 36

「泣きたい時もあるけど、一緒にがんばろう。ね!」













イメージ 37

「うん!」




そして、とびきりの笑顔で仲直りするのだった。






















イメージ 38

「よかった・・・ほんとうによかった!!!」


人一倍涙もろいキュアマリンが大泣きする中、大団円をむかえるのでありました。





















イメージ 39

ななみの心の花はカーネーション。花言葉は「母への愛」
姉妹仲良く、母への愛があふれていた。




















イメージ 40

翌日。ななみのアイデアを下に互いの母へのプレゼントは大成功だったつぼみとえりか。
そんなふたりのもとへ、ななみ&るみの姉妹が訪れる。

ななみは毎日は無理なので週に数日参加という条件でファッション部に入部する旨を伝えに来た。
ななみもファッションに興味があったのである。

大歓迎のファッション部部長えりか。o(^-^)o





















イメージ 41

「よかったね、お姉ちゃん」と、カーネーションをななみに差し出するみ。
それはるみからななみへの感謝の気持ちであった。




















イメージ 42

思わず涙ぐむななみ。















イメージ 43

そんなななみに「笑って!笑顔が一番だよ!」と、母が残した言葉で元気付けるるみ。





















イメージ 44

「だね♪」
ななみも最高の笑顔でこたえるのでありました。


















というわけで母の日スペシャルでした。
感謝をこめて想いを伝えるのもいいですね。o(^-^)o











イメージ 45

では、またです。