今週の日曜洋画劇場は、1997年公開のアメリカ映画「ボルケーノ」です。

イメージ 1

主演は、缶コーヒーのCMでお馴染みの、「トミー・リー・ジョーンズ」。
いわゆるパニックムービーな内容です。



ロサンゼルスで発生した中規模の地震。
程なくして地下トンネルで作業中の作業員が焼死する事態が発生。
危機管理局の局長のマイク・ローク(トミー・リー・ジョーンズ)は不審を抱き、
地質学者と共に地下に潜って、調査を開始する。

すると地下のマグマが活発化し、溶岩流が吹き出ることを確信する。
懸命に警告するも、FBIはまったく取り合ってくれない。
やがて、溶岩が大噴火に至り・・・。


全編を通して、トミー・リー・ジョーンズの指導力がいかんなく発揮している映画です。
強い指導者というものは、いつでもしびれるものがありますね。

では、またです。